私たちのポリシーはエクセレンスのある商品を提供することです。

商品の品質が優れているのはもちろんのこと、ヨーロッパ独特の他にはないデザイン、新しいアイデアが見えるブランドを取り扱っています。

世の中には物が溢れており、社会的にも「大量生産、大量消費、大量廃棄」が問題視されています。

使い捨て商品ではなく、長く使えるものを選んでほしい。同じモノや似たような商品で溢れかえるファッションやインテリアを変えたい、そんな商品を紹介したいと思い、2018年にSUIGENERIS TOKYOを設立、スタートしました。

 

スイジェネリス、ラテン語で「ユニークな、他にない」という意味があります。コンセプトの独自性、商品の希少性、品質、デザインの良さを基準に商品をセレクトしています。品質基準を満たすために、すべての生産工程をヨーロッパで行った物を輸入しています。

SUI GENERISが選ぶのは、日本にはない感覚、感性で作られた逸品。そのどれもが、生産工程が環境に与える影響、長期の愛用を充分に想定して生産され、ユーザーにとってもサステナブルな選択となるように作られています。

あえて大量生産を行わないために希少で、持つことによってライフスタイルが変わるような商品を紹介、販売しています。

 

 

代表兼バイヤーLui Kawakubo

もともとヨーロッパの世界観、文化や歴史、ヨーロッパの素材やデザインの純粋さに強く惹かれていて、実際のヨーロッパに触れ、非常に刺激を受けました。

「持つ人の気持ちがポジティブになるように、個性を表現できるような商品を提供したい」これは私が考えていることです。

もっとファッションを楽しんでもらいたい。いいものを買ったときの高揚感、その時の感動は自分の人生を豊かにしてくれるはず。いいものはきちんとメンテナンスすれば長持ちします。そうすることで、愛着も湧き、モノを大事にするようになります。

取扱うブランドには、それぞれに哲学があり、強い意志(こだわり)、熱い想いがあります。今後もアイテムの説明だけでなく、彼らのプロダクトの裏にある、背景やストーリーを伝えていきたいと思います。