ille/ollaコートに使用されているソフトシェル素材は、弱撥水加工を施しており、多少の小雨程度ならばはじくタウンユース向けのアイテムです。

ゴアテックス性などの完全防水のハードシェルとは違い、フリースやダウンなど保温性のあるウェアとも違う、ちょっとずつ両方のいいとこ取りをしたのが”ソフトシェル”です。そのため、アウタージャケットとしても中間着としても活用できます。完全防水ではないけどちょとくらいの雨ならはじいてくれて、ストレッチ性があり、寒さをカバーしながら快適に行動できることをメインとしたウェアです。

 

ソフトシェルの4つの主な特徴

①防風性がある

②吸湿性、通気性に優れる

③撥水性があり小雨小雪をはじく

④ストレッチ性があり動きやすい

 

ソフトシェルは防風性、防水性だけでなく、通気性にも優れた生地です。3層の生地を重ねて作られています。フリース地の内面は柔らかく保温性にすぐれ、コートをより快適に着用できます。防風、防水の層は最新の技術を駆使した素材で、雨を防ぎながらも、汗や水蒸気を放出します。3番目のレイヤーはニット生地で作られています。

ソフトシェルについて

 

 

・ウォータープルーフ / 耐水性 : 10000 mm / H20 
・ウインドプルーフ / 防風
ブリーザブル / 耐湿性 : 300G / m2/24h
・マルチレイヤード(多層構造)     
                                                                                                                                                

ソフトシェルの最大の特徴といえばストレッチ性があり動きやすいこと! ほかにも、防風性、吸湿性、撥水性があり、適度な保温性もあります。

アウターとしてよく使われているハードシェルは、完全防水・防風性を重要視しており水・雪を通さない素材。大雨の時は強い味方になってくれます。しかしゴワゴワと硬めの着心地が特徴なのに対し、ソフトシェルは完全防水ではないけれど、ストレッチ性と透湿性を重視し、身動きがとりやすく様々なアクティビティを重視しているのが特徴です。

 

 

ソフトシェルはオールシーズン使え、一枚あると便利なウェアです。ストレッチ性があるので、動きの妨げにならないので快適なファッションを楽しめます。

 

      

お手入れ

デリケートな素材のため、出来るだけ手洗い。または裏返してネットに入れて弱水流で洗濯機洗い。水温30度以下。直射日光を避けて平干し。漂白剤使用禁止。乾燥機は使用しないでください。

 

                                                                                                                               

洗濯表示